選び早期教育
ホーム > 現金化 > クレジットカード現金化における注意点などについて

クレジットカード現金化における注意点などについて

クレジットカードのショッピング枠を現金にする行為をクレジットカード現金化といいますが、自分で購入した商品を売って現金にする方法と業者に依頼する方法があります。

買取店によって買取価格が異なるので、自分で商品の売買を行う場合は適切な買取店を探すなどの手間がかかります。

また、自分で売買を行う場合の注意点はクレジットカード利用停止のリスクがあるということです。

商品券の場合には額面や定価の95%以上で買い取ってもらえる店もありますが、クレジットカードで大量に商品券を購入するとカード会社に利用履歴が分かります。

クレジットカード決済した物品の転売は法律で認められないので、このように転売と疑われる行為があればクレジットカードが利用停止になる場合があります。

また、クレジットカード現金化でお金を得たとしても購入した商品の代金を後から支わなければいけないので、多重債務に陥らないように注意が必要です。

一方、業者を間に入れて現金化を行う場合にはクレジットカードが利用停止になるリスクが少ないです。

業者に依頼する場合にはキャッシュバック率に従ってお金が振り込まれますが、手数料が引かれるので還元率が80%以下になる場合も多いです。

最終的な還元率が業者によって異なるので還元率などを比較して業者を選ぶのが良いですが、悪徳業者に当たる場合もたまにあるので気を付けなければいけません。

また、業者が行っているキャンペーンなどを利用して、還元率を上げられる場合があります。

口コミサイトで換金率の良い業者を見つけましたのでよかったら見てみてください:ビックギフト評判